HOME > WEBマガジンjasta+ > コラム

2009年問題への対応について

コンプライアンスと「2009年問題」
 「2009年問題」とは、労働者派遣法により、3年間を超えた場合、再び派遣契約を行う場合は一定期間(3ヶ月間以上)クーリング期間をおかなければいけないと定められていることによっておきる問題です。3年を超えて派遣されている労働者には、直接雇用を促すために作られている法律ですが、実際は、直接雇用に結びつかない場合も多く、なおかつ派遣労働者が職を失い不安定な生活に直面するといった問題もおきています。
 サービス業人材派遣には製造派遣とはまた違った側面などもあり、この対応についてコンプライアンスの面からも慎重な対応が求められています。当協会では「2009年問題」からサービス業人材派遣全般の法的位置づけなどを検討しています。

「2009年問題」の基本的な考え方と対応
「日本サービス業人材派遣協会」として、「2009年問題」は以下のように考えています。

いわゆる「2009年問題」への対応についての図


ページTopへ